栄養はフルーツ青汁から

成長期の栄養はフルーツ青汁から摂る 栄養不足は危険

投稿日:2018年5月11日 更新日:

成長期に栄養が不足するって子供さんはわからないでしょう。

学校じゃ教えてくれないから!

だけど大変恐ろしいことが数年後に起きるかもしれません。

栄養不足はものすごく危険です。

だからフルーツ青汁で栄養を取りましょう。

成長期の栄養不足

成長期には骨が大きくなり、筋肉も大きくなります。

この栄養素ってカルシウムとかたんぱく質です。

子供が成長するときにカルシウムやたんぱく質を摂らないと大きくなれません。

カルシウムを摂ったから大丈夫じゃないんです。

カルシウムを摂っても栄養をして吸収されないと意味がありません。

 

カルシウムを体内へ吸収させるのはビタミンCです。

他にもこのようなことがたくさんあります。

調理の仕方でも変わる栄養

ほうれん草にはたくさんの栄養が詰まっているから食べよう!

生で食べれば栄養はあります。

でも加熱時間によってはほとんどの栄養成分がなくなってしまうんです。

ほうれん草とトウモロコシとベーコン

これなら色んな栄養が摂れるし子供も食べてくれそう。

だけど茹でたり焼いたりして加熱したものは栄養がない物もあります。

ほうれん草のおひたしは茹で時間により栄養が流れ出てしまいます。

 

栄養豊富でも吸収されるには何が必要って面倒なものがたくさんあります。

栄養の摂り方

成長期にポテトフライやハンバーグを食べるて、そればっかり食べるのはよくありません。

昔と違って外国から色々入ってきます。

外人の体と日本人の体は違うんです

だから日本には細くても糖尿病の人がいるんです。

栄養が足りないと体を溶かして栄養にする

もし成長期に体内でカルシウムが欲しいってなったときカルシウムが外から入ってこなかったらどうすると思いますか?

外から栄養が入ってこないと骨を溶かしてカルシウムを摂るんです。

 

もし成長期にたんぱく質が体内で欲しがって外部から入ってこなかったらどうすると思いますか?

筋肉からたんぱく質を摂るんです。

 

こんなことは日常で起こっています。

だけど痛くもかゆくもないので誰にもわかりません。

栄養は体を作る為でもありますが、体を維持するためでもあるんです。

体の維持するための栄養

どんなものにも栄養はそれなりにあります。

カップラーメンにもあります。

 

体を維持するためってなんだって思うかもしれません。

人間は生きているだけで心臓が動いてたり呼吸してたりします。

そのためにも栄養は必要です。

 

ある程度体ができてしまったら使った分の栄養で良いかもしれません。

でも成長期は維持だけでなく体を作るときなんです。

だからお腹も減るんです。

その食べ盛りの時にラーメンばかり食べているとどうなりますか?

栄養摂るのも大変!

成長期にやたら背が伸びた人がいます。

やはり体が付いていけず、腰から上半身は妙に細いんです。

その時に栄養をたっぷり取っておけばちゃんと成長したのでしょう。

でも肝心なのはこれからなんです。

それから何年も経ってから筋萎縮症にかかりやっと今でも生きています。

はっきりと因果関係はわかりませんが、あの時の栄養不足が影響してると思います。

今は外国から色々入ってきた代わりに色々なフルーツ青汁があります。

 

ビタミンは熱に弱いだのカルシウムはビタミンCを一緒に取らないと吸収されないだの大変です。

栄養士でもないのに考えるには大変です。

そのためにはフルーツ青汁が良いと思います。

青汁が足りない栄養を補う

青汁が足りていない栄養を補ってくれます。

でも美味しくない青汁では長続きはしません。

 

続けるためにはフルーツ青汁が良いでしょう。

お値段が高いので2日に1回でも飲まないよりはいいです。

 

将来子供さんに子供ができたくらいに病気になったりするのも現在の栄養だと思います。

何年も先の体を作っているんです。

親から話を聞こう

自分に子供ができて親の成長するときの話や大きくなってからの栄養の摂り方について聞きましょう。

現在の40代から50代は丁度外国からものが入ってきた世代です。

60代でも良いでしょう。

それより年を取ってる人は戦争で貧しい生活を送ってきた人達です。

返ってそのほうが良かったりします。

 

外国人とは違うんですから…

面倒な栄養バランスを計算する必要がないフルーツ青汁が良い。

続けられる美味しいフルーツ青汁が良い。

 

-栄養はフルーツ青汁から

Copyright© フルーツ青汁ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.